屋根修理や外壁塗装の際に見積書の内訳に載っている「足場費用」。意外と高額だけど本当に必要なの?と思ったことはないでしょうか。ここでは足場の必要性とDIYをおすすめしない理由をお伝えします。

足場とは、工事現場などの高いところで作業するために足を踏み留まっていられる場所を確保する構造物のことをいいます。工事の間だけと一時的に使用されることが多く、鋼管のパイプや枠などで組み立てた仮設構造物がこれにあたります。パイプ足場・単管足場やビケ足場が代表的な種類にあります。

予算の都合から足場を組まないこともありますが、足場は職人のケガや命を守るためだけでなく、施主であるあなたの利益も守る上からとても大切です。もし足場がなかったために転落して職人が怪我をしたり、最悪の場合は死者が出ると、施主の精神面や風評被害などの不利益が出てしまいます。また足元が不安定な体勢では作業精度が劣ることもあります。足場は、結果的に必要なかったとしても、万が一に備えて必要なのです。

器用な方は見よう見まねで自分でもできるかもと思うかもしれませんが、安全な足場を組むには豊富な経験による高度な計算能力が欠かせません。

一般の方が足場を組んだ場合、基本な構造力学を学んでいないため倒壊の危険があったり、外壁に必要のない穴開けや釘打ちをしてしまい外壁を傷つけることもあります。そして足場の購入費用やレンタル費用、運送費用、保管費用などを考えると結果的に高くなることもありますから、やはりプロに頼むのが安心安全といえるでしょう。

足場は、自動車のシートベルトと同じように住まいや職人を守るものとして屋根修理や外壁塗装とワンセットであることを覚えておくとよいでしょう。