瓦屋根は日本の伝統的な家でよく見られ、古い寺院建築などでも見かける場面があるかと思います。粘土を独特な形に加工し、それを焼き上げて作った瓦を葺いた屋根です。

瓦屋根が最も優れている点は、その耐久性にあります。四季があり、自然災害も多い日本にあって、伝統的な建築に使われていることもあって、他の素材の屋根と比べると壊れにくいということです。これにより、瓦屋根の場合、大規模な修理工事をする必要は他の屋根に比べるとあまりありません。また、塗装も必要ない場合が多く、建てた当初の姿が長く保てるといったことも考えられます。さらに、断熱性が高いので、高温多湿となる日本の夏であっても比較的快適に過ごすことができるといったメリットがあります。

しかし、一方で、瓦と瓦を接着する漆喰の補修は定期的に行っていく必要はあります。また、いくら耐久性がある瓦といっても、竜巻や台風など、風の影響や物が落下することが原因で、割れたりずれたりすることもあり、比較的簡単な作業で済むとはいえ、メンテナンスをしていく必要はあります。もちろん、場合によっては専門の業者に工事を依頼することも検討する必要があります。また、瓦屋根は他の屋根と比べると重量があるので、耐震性に不安があります。近年では重量を抑えた瓦も使われ始めているとは家、年数が経っている家の場合、大きな地震があると屋根の重さに耐えきれず、倒壊してしまうということも可能性としてはあります。また、瓦そもそもの価格はあまり安くないので、新築住宅において瓦屋根を選択したり、瓦屋根で葺き替えを行う選択をしたりした場合、費用的にかなり高額になるという場合も少なくありません。