サイディングは、現在日本で一番よく使用されている外壁材とも言われており、窯業系サイディング(セメント)、セラミック系、金属系サイディングなど、いくつかの種類があります。色のバリエーションが豊富でデザイン性に優れており、安価でもあるため、広く親しまれています。屋根工事業者にリフォームを頼む場合、いくつもの種類を見せてもらえると思います。ここでは代表的なものを紹介します。

「窯業系サイディング」とは、セメントに木材や無機物などを混ぜて窯で高熱生成し、板状にして硬化させたものです。サイディングの中でもシェアが高く、一番出荷量が多いようです。ここまでの普及を見せた理由として、地震や火災に強く、デザインも豊富で何よりも安い、というものがあるようです。

「金属系サイディング」は、芯に断熱材を用い、表面はアルミやスチール、ガルバリウムやアルミニウムなどが用いられています。丈夫で、張り替えなどを頻繁に行わなくても良く、さらに寒冷地で重宝する耐冷害性も持ち合わせているため、こちらも人気です。デザインの少なさがデメリットでしたが、近年ではモダンなデザインのものも増えてきているようです。

「木製サイディング(ウッドサイディング)」は、木材に塗装をすることで外壁としての役割を持たせているものです。木のあたたかみが一番の特徴で、独自性の高いデザインが可能です。また、断熱性にも優れているようです。水分や火に弱いという大きなデメリットはありますが、製品によっては燃えにくい材質や腐敗しにくい材質もあるようです。窯業系に比べて高いとも言われています。

これ以外にも、樹脂性サイディングなどがあります。この中で一番シェアが高いものは窯業性ですが、基本的には自分の好きなデザインを選ぶことが一番でしょう。業者によっては、材質のデメリットをカバーできる工事を提案してくれる場合もあるかもしれませんよ。