屋根の下葺き材とは、屋根の本体の下に敷く防水などを目的としたシートのことで、「ルーフィングシート」などとも呼ばれています。この素材はあまり重要視されていない場合もあり、業者によってはあまり依頼主に説明せずに進める場合もあるようです。しかし、見えない部分に使われる素材とはいえ、自宅の屋根に入るものですので、どういう役割を果たしているのかを把握しておくことは重要であると言えます。

有名な防水用の下葺き材としては、アスファルトルーフィングや遮熱ルーフエアテックスなどがあります。これらの防水シートには、水蒸気と水を区別して、気体は通し、液体は通さない、というような性質を持っており、雨漏り対策にはうってつけであると言えます。結露にも効果があり、耐久性もあります。一般的に、雨漏りの原因はこの「リーフィングシートの破れ」であると判断されることが多いようです。それは、それほどこのルーフィングシートが雨漏りを防ぐために重要であることを示しています。

下葺き材は、屋根本体を支え、雨漏りを防ぐだけでなく、屋根の下地の腐敗を止め、変形を防ぐことにも役立ちます。たとえば屋根本体の寿命がきたとしても、屋根の下地が腐敗や変形を起こしてなければ、屋根工事の際に下地をそのまま使用することもできます。腐敗が進んでしまっていて下地ごと全部交換、ということになると結果的に、依頼主の払うコストが高くついてしまうので、「次の工事」のコストを減らすと言う意味でも、下葺き材に注意を払い、きちんと材質を把握しておくことは重要です。業者に見積もりを出してもらった際に、「下葺き材」や「ルーフィングシート」などの記載がある場合はチェックしておきましょう。記載が無い場合は連絡しても良いかもしれません。