屋根工事やリフォームを行う際に大事なポイントは、やはり素材の選び方です。ここでは、素材ごとの特徴や経年変化について紹介します。「何年住むとどうなるのか」を把握したいときにお役立てください。

まずは「瓦」です。

瓦は、重なることで屋根を形作ります。そのため、一枚一枚の重なりには隙間があり、そこから空気が出たり入ったりして、室内の湿気を追い出したり温度調整をすることができます。ゆるやかな換気によって空気を循環させる伝統的な瓦屋根は、その独特な特徴から、昔から日本人に親しまれてきました。

雨が降ったときには、その水はけや水切りの良さで雨水を溜めずに処理できますし、吸音性にも優れているので激しい雨でも音が気になりにくいという良さもあります。

そんな瓦屋根ですが、築10年ほどが経過すると、瓦を固定するための「しっくい」が劣化し始めると言われています。早めの塗り直しで対策すると、その後も長持ちできるようですね。

築20年を超えてくると、一枚一枚のズレが気になってくる頃合になります。気象が荒れるなどの理由から瓦にヒビが入っている場合もあります。点検をしてみるのが良いでしょう。

築25~30年の瓦屋根では、約半分の瓦が割れ始めると言われています。割れた瓦はその下地にまで影響し、腐ってしまう可能性もあるので、点検の必要性はより増します。ただ、この頃の瓦屋根であれば、多くの場合で修理できるようです。

築30年を超えると、瓦の質が劣化し、雨水などを吸い込んでしまうようになります。この時期になったら、早めに瓦職人などに依頼をすることをオススメします。安心できるような新しい瓦屋根であればこそ、瓦の良い特徴が出てくるものです。